待ち受けから消えたコネコ

            
0

    うちのコネコは夏場、妻の実家に居候することになった。猫1匹、猛暑の中にアパートに放置はできないという判断で、暑くなる前から移送しておいた。結局のところ、異常な猛暑が続いたりしてその判断で本当に良かったと思っている。
     
    ただ、しばらくコネコと生活できないわけであるが、それは覚悟の上だったし、「大丈夫、割り切れる」とも思っていたのだが、そう簡単にはいかないものなんだね。小さいときに拾い上げて以来、爪切り、歯磨き、おしりふき、フェイスマッサージなどなどは日課のようなもの。小さなことでも変わりはないか小まめに見てきたから、いくら信頼ができる相手とはいえお世話をお願いするのは心配でもあった。
     
    でも、預けて2か月ぐらい経つのだが、一軒家で広々、窓もたくさんあるし、二階もある。ご飯も不自由しないし、存分に遊んでもらえるとなれば、まぁー、コネコにとって住み心地いいよね。預けて最初のうちは、ぶにゃが顔をだすと鳴きながら近寄ってくれたけれど、今では「あぁ、来たんですか、ごゆっくりどうぞ。では、では。」みたいな他人行儀的?。ちょっと寂しいものだなぁと感じるけれど、そもそも猫だし、設備や待遇が申し分ない上に適応力の高い子だから、こうなるのも仕方がない。むしろ適応してよかったとホッとしなきゃならない部分でもある。
     
    飼っていたとき、コネコは環境適応力も高いが、人への適応力も非常に高い。その優れた力は「ちょっとうちにはもったいないぐらい良い子」とすら感じていた。うまくは言えないが、俺に拾われたけど、拾われて飼われた、だけでは収まらない子なんじゃなかろうか、と考えたことがあった。
     
    一応夏場限定での引っ越しだったのだけど、夏が終わっても引き取ることにどこかブレーキがかかっていた。妻の実家もコネコとの生活が続いてもはや家族のようなものだし、コネコが家庭の緩衝材になっている節もあるだろうと思うし。というより、妻実家にはコネコが必要だろうなと。引き取りたい気持ちはちょっと苦しいぐらいなのだが、その点を除けば、すべてが順調にまわっている。そうなると、ぶにゃが割り切れるかどうかが要所なのだろう。
     
    コネコを連れ戻す権利はあるのだが、ぶにゃの我儘で、コネコの今の生活を奪うことは躊躇するし、妻実家においてコネコにしかできない役割があるのなら、やはり割り切るべきなのだろう。
     
    待ち受けからコネコを消した。

     

    猫のひんやりボックスをつくってみた

                
    0


      夏、家猫にとっては厳しくなるから、少しでも涼しく過ごしてもらいたいもの。何かしてあげられないかと思いひんやりボックスをつくってみた。


      用意するのは、
      ・大きい発泡スチロール(八百屋経由だと手に入りやすい。うちのはブロッコリーが入っていた)
      ・下段に合わせた大きさの石(御影石安く卸してもらって2000円)
      ・紙粘土(発泡スチロールは軽いので重り、また発泡スチロールの形状の補正として)
      ・接着剤(発泡スチロール用のボンドを用意したが、木工用ボンドでも十分いけた。物によっては発泡スチロールが溶けてしまうので注意)
      ・麻(発泡スチロールがむき出しだと爪とぎされたとき悲惨)
      ・滑り止めシート(戸棚に敷くもの。発泡スチロールと麻の間に貼る)
      ・保冷用バッグで使われる銀色のもの。(発泡スチロールの内部に貼る)
      ちなみに石の値段に大きく左右されると思いますが、うちでは4000円かかりました。


      これが完成形




      ☆作り方

      何はともあれ、大きい発泡スチロールを用意です。
      市場にいけば大き目のものは手に入りやすいが、魚が入っているものは生臭いので注意…

      何故発泡スチロールなのかというと、保冷剤を石の下に入れておくためである。


      (この発泡スチロールにはもともと段差があったのでそのまま活用)

      凍らしたペットボトルなどをボックス内にいれておけば中はだいぶ涼しいですが、とても冷たいものが直接体に触れてしまうのを嫌がるコもいるでしょうし、ボックス内が狭くなってしまうのも考えものです。とにもかくにも、保冷剤を間違って食べてしまうことが一番怖いことなので、保冷剤を設置する場合は石の下が妥当かなと思います。

      ―估口をつくってあげる。
      大きすぎず、小さすぎず。あまり大きいと中の冷気が逃げてしまうので注意。石の厚みや発泡スチロールの形状もそれぞれだと思うので、愛猫と相談してください。(自分の場合は、もうちょっと上に穴をあける予定だったのですが失敗…)




      発泡スチロールの補正と強化
      ネコが使うということは、つまり、爪とぎをされること、ボックスの上に乗られることが予測されます。うちのは「蓋」というより上下型のものなので、体重を乗せて上蓋から飛び降りられると蹴る力に負けて上蓋が飛ばされそうなので、上蓋の重量を増やそうと思い紙粘土を使用。紙粘土は固まったあとに剥がれてしまうのでそのあとボンドを使ってきちんと接着。

      D泙箸対策。麻をチョイスしたのは、爪とぎにされてボロボロになっても更に上から麻を貼っていけば補修がたやすいのではないかと見越しまして。ただ、発泡スチロールに直接麻を貼り付けてしまうのも、うまく貼りつくかどうか不安なところだったので、発泡スチロールと麻の間に、戸棚の下に敷く滑り止めのシート?をはっつけましたよっと。

      ちなみに天井も同じようにやってしまうと中が真っ暗になってしまうので、上部は滑り止めシートを貼っただけにしました。

      て眤Δ睨困譴困膨泙箸防止を。油断していたらガリガリやられました(・ω・;)

      ダ个鮴瀉屬靴討任あがりw
       冷えすぎても体によくないと思うので、そのあたり注意です。



      (コネコが入るとこんな感じw)


             

      ♪others♪

            

      ♪ぷろふぃ〜る♪

      ♪サイト内を検索検索♪

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
          

      categories

      archives

         

      recent comment

      • 猫の耳にダニが住み着いているらしい。
        mieko
      • コネコの不満
        ぶにゃ
      • コネコの不満
        スミちゅ
      • 足、臭い……いびき、うるさい(らしい)……( ̄  ̄;)
        ぶにゃ
      • メイポしたい?したい。できない。したくなぃ。
        ぶにゃ
      • メイポしたい?したい。できない。したくなぃ。
        スミス3号
      • 足、臭い……いびき、うるさい(らしい)……( ̄  ̄;)
        (ノ∀`)
      • メイポしたい?したい。できない。したくなぃ。
        スミス?
      • メイポしたい?したい。できない。したくなぃ。
        ぶにゃ
      • メイポしたい?したい。できない。したくなぃ。
        スミス的なナニカ

      ♪カウンター♪

      ブログを始めた日(多分)
      2009/04/22

      閲覧者数 合計

      本日の来客数